移住の流れとは?憧れの田舎暮らしに向けて必要な準備を解説

田舎暮らしに憧れはあるものの、移住の流れがわからず一歩を踏み出せない人も少なくないのではないでしょうか。本記事では、移住の流れを解説し、必要な準備を段階的に進めるコツをご紹介します。移住プランを立てて、新たな生活への第一歩を踏み出しましょう!

 

基本的な移住まで流れ

田舎での生活を始めるにあたり、まず移住までの流れを理解しておきましょう。大きく6つのステップに分けると下記になります。

移住までのステップ

①移住の目的を明確にする
②住みたい地域の情報を集める
③移住先を下見する
④仕事を探す
⑤住まいを探す
⑥引越しする

これらは移住をスムーズに進めることはもちろん、移住後に豊かな生活を過ごせる地域を調べたり、人間関係を築いたりするために必要なプロセスになります。一つずつ、慎重に進めていくことで、移住への不安も減らせるでしょう。

ここからは、各プロセスの詳細を解説していきます。 

①移住の目的を明確にする

田舎暮らしを始める際に、最も大切なことは、移住の目的を明確にすることです。自身のライフスタイルや価値観、将来像を考慮に入れて、具体的な目的を設定しましょう。

のんびりとした生活を望む場合、地域環境やコミュニティの雰囲気が大事になります。一方、趣味や特技を生かして田舎での新たなビジネスを始めたいと考えているなら、商売を行う上で重要な交通アクセスや物流の利便性を重視する必要があります。また、家庭を持つ人は教育環境や子どもたちの将来を考えて、選択する地域自体が異なってくるでしょう。

特に、配偶者や子供がいる場合、移住は個人だけではなく、家族全員に影響を与える決断になります。そのため、家族全員が納得いくまで何度も話し合いを重ねることが重要です。移住先の地域の学校や医療施設など、日常生活に密接な情報を収集しながら、家族一丸となって新しい生活の計画を立てることで、移住生活をより充実したものにできるでしょう。

②住みたい地域の情報を集める

目的を整理したら、住みたい地域の情報を集めましょう。気候や交通インフラ、災害リスク、地元の産業など、暮らしの質に直結する情報は欠かせません。また、実際にどのような人が住んでいるのか、地域のコミュニティは活動的かどうか、趣味や教育、医療施設は整っているかなどの情報も、後悔のない移住生活を送るためには重要なポイントになります。自治体の公式Webサイトや移住支援サイトで基本情報を得ることに加えて、地域の移住体験談ブログや掲示板も読み込むことで、実際の移住生活の様子を知ることができるでしょう。

ポイント:地方自治体の窓口に相談する

地方自治体の窓口に相談することも有効です。自治体では、移住を検討している人たちをサポートするために、移住支援の担当窓口を設けている場合があります。ここでは、生活環境や地域の特色、空き家情報や移住支援策など、移住に関する詳細な情報やアドバイスが得られます。実際に窓口を訪れると、カウンセリングを通じて個別のニーズに応じた情報を入手することができ、自分に合った移住計画を立てる手助けとなるでしょう。さらに、定住を促進するための助成金や補助金、住宅取得に関連する税制優遇など、具体的な支援内容を確認することもできます。自治体によっては、実際に移住者を紹介してくれるサービスを提供していることもあり、貴重な情報源として利用すべきでしょう。

 これらの情報を念頭に置いて、自分や家族のライフスタイルに合った地域を絞り込むことが重要です。

③移住先を下見する

移住先の目星を付けたら、下見を行うことも重要です。例えば、冬は雪が多いと聞いていても、実際にその地域で雪とどのように付き合っていくかは、自分自身で経験してみないと理解できません。また、ご当地の食文化や地域のイベントに参加することで、地元の人たちとのコミュニケーションを取り、移住後の社会的なつながりを作るきっかけにもなります。さらに、実際の生活リズムや交通機関の利便性などを把握することも大切です。このように、訪問を通じて得られる情報と経験は、移住を成功させるための大きな糧となるでしょう。

ポイント:お試し移住を体験する

実際に数週間から数カ月間、移住予定地域で生活をしてみる「お試し移住」も非常に有効な手段です。お試し移住をすることで、買い物の便や地域の医療体制、子育て環境など、具体的な生活の基盤を確認し、自らが望むライフスタイルに合っているかを確認できる機会になります。加えて、地域コミュニティに参加することによって、地元住民との関係を育み、移住後の心強いサポート体制を築くことも可能です。お試し移住を体験することで、理想と現実のギャップを減らし、移住後の不安を大幅に軽減する効果も期待できるでしょう。

仕事を探す

移住先の方向性が決まったら、生活基盤を支える仕事を見つけましょう。田舎で仕事を探す際は、まずその地域の事情に通じることが大切です。求人情報はインターネットや地元のハローワーク、地域の求人誌など多様な媒体から得られますが、中には非公開の求人もある場合があります。より具体的な情報を手に入れるためには、地域の商工会や市町村の役場、移住支援センターなどの公的機関に相談するのも良いでしょう。

 ポイント:就職・転職支援サービスを活用する

全国規模で仕事を探せる転職サイトや地方特化型の就職支援サイトなども活用できます。これらのサービスは、遠方からでも面接日程の調整やビデオ面接などが可能で、利用者の移住計画をバックアップしています。ただし、競争率が高い場合もあるため、早めの行動が求められます。

 仕事を探す際には、私たち「宿ジョブ」もご活用いただけます。宿ジョブはホテル・旅館に特化した 無料の転職エージェントサービスで、求人紹介から内定までをフルサポートさせていただきます。

あなたの希望や条件にぴったりな求人をご案内しますので、ぜひまずは転職支援サービス(無料)からお申し込みくださいね!

▼お申し込みはこちら▼
ホテル・旅館の転職・求人情報なら宿ジョブ

住まいを探す

仕事が見つかったら、新しい住まい探しを行います。どんな家に住むのかは生活の質を大きく左右するため、理想の生活スタイルや家族構成に合った住まいを選ぶことが重要です。せっかくの田舎生活が不満足なものにならないためにも、地域の特性や利便性、そして将来のことを見据えた上で、精査していく必要があります。

移住する地方によっては、古民家がたくさん売り出されている場合もあり、リノベーションを前提に低予算での購入も夢ではありません。しかし、古い家は修繕が必要な場合も多く、その費用も念頭に置いた家選びが求められます。また、新築の家を建てる場合には、土地選びが重要になってきます。日当たりや周辺環境、学校区、交通アクセスなど、さまざまな条件を比較検討していくことが大切です。移住先の不動産情報をチェックするだけでなく、地域の情報を集めるために、自治体の移住支援センターや現地に足を運ぶこともおすすめします。実際に暮らすとなると見過ごせない生活環境のチェックを行い、後悔しない住まい選びを心がけましょう。

ポイント:移住支援制度を上手く活用する

最近、地方自治体が移住促進のために様々な支援制度を用意しています。その中には、補助金や住宅の提供、さらには就業をサポートするプログラムまで多岐に渡ります。これらの制度を上手く活用することで、移住の経済的な負担を軽減することができるでしょう。例えば、空き家バンクを利用して格安で住宅を入手したり、地域おこし協力隊として活動することで生活のスタートアップ資金を得たりする方法があります。

移住前には、積極的に自治体の相談窓口に問い合わせを行い、自分に合った支援が受けられるかどうかを調べることが重要です。無理なく新生活を始めるために、できる範囲で情報収集と利用をお考えください。

国や地方自治体が提供する移住支援制度の概要や種類などについては、下記記事でもご紹介しております。詳しく知りたい方は、ぜひこちらも読んでみてくださいね!

〈関連記事〉
・手厚いサポートが充実?移住支援制度の概要と国が提供する支援内容を解説
・知らなきゃ損!地方自治体が提供する多種多様な移住支援制度を紹介

引越しする

移住が決まったら、いよいよ引越しです。まず、現住所から移住先までのルートを計画し、引越し業者に見積もりを依頼します。段ボール箱に荷物を詰め、家具や家電の搬送も含めて配送日を決めていきます。さらに、移住先の住民票の移動や、必要な契約書の変更手続きも忘れてはなりません。

引越し後は、地域のコミュニティに入ることが大切です。近隣住民との交流はもちろん、趣味のサークルや地域活動に参加するなどして、新しい交友関係を築いていきます。子どもがいる家庭では、学校や保育園への慣れも必要です。教育環境への適応を助けるためにも、事前に情報を集め、地域支援サービスを利用すると良いでしょう。

まとめ:段階的に準備を進める事で、スムーズな移住とワクワクな生活を実現しよう!

本記事では、移住の流れと必要な準備のポイントについてまとめました。移住は単なる場所変えの一時的な出来事ではなく、人生の新たなスタートを切る重要な決断です。そのためには、周到な準備と段階を追って行うことが大切になります。計画的に一歩ずつ進めていけば、新しい生活への期待感も高まり、穏やかでワクワクするような田舎暮らしへとつながるのではないでしょうか。

ホテル・旅館の転職・求人情報なら

宿ジョブ・
転職エージェント

policy
宿ジョブ・転職エージェントを運営する株式会社アルファスタッフは一般財団法人日本経済社会推進協会より
個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの認定を受けています。

JOB OFFER

求人を探す