地方移住のメリット・デメリットとは?移住前後の心配事やギャップを解消

近年、自然に囲まれ豊かな生活を送れる地方移住への関心が高まっています。都市部に住む人にとって、田舎暮らしには様々な魅力が詰まっているように見える一方で、実際に移住してから後悔してしまうケースも少なくありません。本記事では、地方移住を検討している方に向けて、地方移住のメリットとデメリットをまとめてお届けします。

地方移住をした女性

地方移住への関心が高まっている背景とは?

最近、都市部の忙しい日常から離れ、地方へ移住する人が増えています。この背景には、東京一極集中を是正し、地方の人口減少に歯止めをかけるために、国が地方創生に力を入れ、地方自治体が移住支援策を拡充したことが挙げられます。加えて、新型コロナウイルス感染症の流行によりテレワークが普及し、場所にとらわれない働き方が可能になったことも、地方移住を後押ししています。

さらに、若い世代は現代の生活・仕事に対する疑問や将来への不安を感じており、地方でのスローライフを夢見て田舎暮らしを選択するケースも増えています。自然や地域コミュニティとのつながりを重視する動きも、人々を地方へと惹きつける要因の一つになっていると言えるでしょう。

 

地方移住のメリット

地方移住には、都会の喧騒から離れ、より質の高い生活を求める人にとって様々なメリットがあります。まずは、生活面や仕事面において、地方移住の魅力的なメリットを見ていきましょう。

自然に囲まれ、悠々自適な暮らしを満喫できる

自然に囲まれた地方での生活では、季節の変化を身近に感じながら、広い空や緑の景色を毎日の生活の一部にできることで、精神的な豊かさを実感することができます。自家菜園を楽しむなど、自然と共生するライフスタイルを満喫できるのも大きなメリットです。

生活コストを削減できる

地方に移住すると、家賃や不動産価格が都市部と比較して格段に安くなる傾向があります。さらに、地方都市では食料品や生活必需品の価格も抑えられていることが多いため、毎日の出費を大きく削減できる可能性が高いです。

また、地域の人々との相互扶助が生活コストの削減に繋がる場合もあります。例えば、近所から野菜や果物のおすそ分けを受けることで食費を節約できます。加えて、地元の人たちとの助け合いによって、修理や農作業などのサービスを安く提供してもらうこともあります。このようなコミュニティの支えが、移住者にとって経済的なメリットを導くこともあるでしょう。

趣味に没頭しやすい

地方での生活は、都会に比べて時間の流れがゆったりしているため、趣味に没頭しやすい環境が整っています。地域に根ざした文化活動や、キャンプやトラッキングといった自然を活かしたアクティビティなど、充実した趣味の時間を過ごすための選択肢も豊富です。例えば、海や川が近くにある地域は釣り好きの人にはオススメです。自然豊かな環境で釣り場までのアクセスも良く、人が少ないためリラックスして釣りを楽しめるでしょう。
都会の忙しさから解放され、自分の好きなことに没頭できるのは、地方生活の醍醐味の一つでしょう。

通勤ラッシュがなく、ストレス社会から解放される

地方に移住することで、通勤ラッシュの悩みもなくなります。朝の満員電車や渋滞に挟まれることなく、余裕をもった出勤が可能となります。地方都市では職場が近いことが多く、自転車や徒歩で通勤できることも珍しくありません。時間を有効に使えるだけでなく、静かな環境で生活することで精神的な安定が得られ、心身ともにリフレッシュすることもできるでしょう。 

移住支援制度を活用することで、経済的負担を軽減できる

多くの地方自治体では、移住者を増やすことを目指し、様々な移住支援制度を用意しています。例えば、家賃や引越し費用を補助してくれる住宅支援や、就職祝い金や起業のサポート、地域おこし協力隊のように一定期間地域で働くことで住居を提供する制度など、様々な支援策があります。これらの制度を上手に活用することで、新生活をスタートさせる上での経済的負担を軽減したり、新しい仕事を見つけるチャンスを得たりすることが可能です。

下記記事では、国や地方自治体が提供する移住制度の概要や具体的な支援内容を紹介していますので、ぜひご覧くださいね!

〈関連記事〉
・知らなきゃ損?移住支援制度の概要や具体的な支援内容を解説

教育設備・サポート体制が充実していて、子育てがしやすい

子どもを育てている親御さんが注目するのは、教育環境です。多くの地方自治体では、子育て支援の一環として教育や保育に関連する様々な取り組みを推進しています。例えば、保育所も低料金で利用できる場所が多く、育児負担の軽減をサポートする施策が充実しています。また、地域社会と連携した教育プログラムによって、子どもたちは地元の文化や自然環境を活かした学びの機会を得ることができます。

地方移住のデメリット

地方移住には魅力的なメリットがある一方で、デメリットも存在します。デメリットを知っておくことは、地方への移住を考える上で非常に重要です。予想外の困難に見舞われることなく、スムーズな移住生活を送るためにも、デメリットを把握しておきましょう。 

求人情報が少なく、仕事の量や幅が制限される

地方移住が増える一方で、都市部に比べて地方では求人情報の数が限られているのも事実です。また、地方特有の産業や事業が多く、都市部にあるような幅広い業種や職種が見つけにくい場合があります。職業選択の自由度が低下する可能性が高いため、移住前には地元の求人状況や産業構造をしっかりと調査する必要があります。特に専門職やキャリアを積み重ねてきた人にとっては、適切な仕事を見つけるのが一層困難となるかもしれません。仕事選びにおいては、地域との相互理解と準備が必要になり、移住後の職場環境への適応を考慮した上で検討することが肝心です。

アクセスが不便で、車が必須となる場合が多い

多くの地方都市や田舎では、公共交通機関の発達が都市部に比べて劣るため、生活上、車がないと移動が困難になる場合が多いです。特に、日々の通勤や買い物、子どもの送り迎えなどを考えた場合、車は必須の移動手段となります。これは、都市部では当たり前に感じられる「公共交通機関だけで十分」という考え方が通じないということを意味しています。また、年に数回の大雪や自然災害時には、車がないと外出することすらままならない状況に陥ることもあります。実際に地方移住を考えるならば、車の購入や維持費用も含めた生活費の計画を立てることが欠かせません。

スーパー、コンビニ、病院など、生活に必要なお店や施設が少ない

地方での生活は都市部と比べてお店が少なく、特にスーパーやコンビニ、病院など、日々の生活に不可欠な施設が点在していることが珍しくありません。このため、ちょっとした買い物や医療サービスを受けるにも時間と労力を要することになります。遠くにあるスーパーまで大量の買い物をしに行く「買いだめ」が普通の光景となる場合もありますし、急な病気や怪我の際に病院まですぐに行けないという問題も発生し得ます。移住を考える際には、小さなお店や地域のコミュニティーと上手に協力しながら、生活を整えていく工夫が求められるでしょう。

コミュニティ・人間関係が狭い

地方のコミュニティーは、しばしば密接な人間関係が結ばれているため、新規参加者が受け入れられにくい閉鎖性が見られることがあります。特に、長く続いてきた地域のしきたりや文化に馴染むまでには、相応の時間と努力が必要です。自己紹介や挨拶回りなど、地域に溶け込むための積極的なコミュニケーションが求められるでしょう。また、個人のプライバシーが保たれにくい傾向にあります。自分の行動一つひとつが周囲の人々に知られ、時には詮索されることもあるのです。このような環境の中で、いかに自分らしい生活を維持しつつ、地域社会との良好な関係を築くかが、移住後の幸せ度を大きく左右するポイントとなるでしょう。

 

まとめ:地方移住のメリット・デメリットを把握し、ギャップをなくすことが重要。

本記事では、地方移住のメリット・デメリットについてまとめました。地方移住は、単に生活の場を変えるというだけではなく、生活スタイルそのものを見直し、新たな価値観を得る機会でもあります。メリデメを正しく把握し、それぞれにどう対応していくかが、満足のいく移住生活を手に入れるカギ。自己実現や心の充実を求めて地方への移住を検討する場合は、事前に現地における生活面や仕事面の情報を集め、心配事や不安を解消してから新生活に臨みましょう!

ホテル・旅館の転職・求人情報なら

宿ジョブ・
転職エージェント

policy
宿ジョブ・転職エージェントを運営する株式会社アルファスタッフは一般財団法人日本経済社会推進協会より
個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの認定を受けています。

JOB OFFER

求人を探す