若者、ミドル、シニア世代。各世代別のニーズにあった移住先の条件とは?

近年、若者からミドル、シニアまで様々な年代の方々が、都会から自然豊かな地域へと生活拠点を移す移住への関心が高まっています。しかし、移住を検討している人の中には、どこに移住するべきか悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。本記事では、シニア世代・子育て世代・若者の3つの年代が移住先を検討する際に重視すべきポイントをご紹介します。

年代によって移住先のニーズが異なる

 移住先として国内には様々な選択肢がありますが、どんな場所が適しているかは年代によって異なります。たとえば、シニア世代はキャリアの終盤にあるため、セカンドライフとして憧れの移住生活を検討されるケースが多いです。一方、若者は新しいチャレンジを求めることが多く、移住の目的は新しいライフスタイルの実現や地域社会への貢献など多岐に渡ります。

年代ごとに生活ステージや価値観が異なり、移住先選びの条件にも影響を与えるため、一人ひとりの具体的なニーズに応じた移住先の選定が求められるのです。

 

若者におすすめな移住先

近年、多くの若者たちも新しい生活のスタートとして移住を選択しています。都会の喧騒から離れて、豊かな自然やゆとりある時間を重視する傾向にあるのです。最後に、若者が移住先を検討する際に重要となるポイントを見ていきます。

移住支援金や住宅支援をフル活用できる

多くの自治体では、地方移住を希望する若者たちへ向けて支援金や住宅支援の制度を用意しています。たとえば、移住に際して発生する引越し費用や住居の初期費用を助成してくれることが多いです。さらに、賃貸住宅の家賃補助や、空き家バンク制度を利用して低価格で住宅を提供する自治体もあります。これらの支援を上手に活用することによって、若者が経済的負担を感じることなく新しい生活を始めることができるのです。

地域活性化に貢献する仕事とビジネスチャンスがある

若者の移住は、地域活性化への大きな貢献となります。人口減少が進む地方では、新たな人材を求めているところが多く、若者たちは地域の産業や文化を支える重要な役割を担います。特に農業や漁業、林業といった第一次産業の分野では、後継者不足を解決するための支援策が充実している場所もあるのです。また、地方創生に伴い、ITや観光、起業支援などの新しいビジネスチャンスも増えています。若者たちが新たなアイデアや技術を生かして、地方独自のサービスを生み出すことも可能でしょう。

地方創生プロジェクトに参加できる

移住先で活動の場を見つける一つの方法として、地域創生プロジェクトへの参加があります。これらのプロジェクトは、地域の魅力を再発見し、新しい価値を創造することを目的としたものです。人口減少が著しい地域では、若い力を取り込むことで新たな動きを生み出そうとしています。参加者は地域住民と協働しながら、祭りの運営や観光資源の開発、地元産品のブランディングなどに携わることができます。地域に根ざした活動を通じてコミュニティづくりに積極的に参加することで、自らの移住生活をより豊かにできるでしょう。

ミドル世代におすすめの移住先

次に、35歳〜54歳の層であるミドル世代です。ミドル世代は、社会人としては中堅のポジションであり、マイホーム購入などのライフイベントが見られる世代です。また、家庭をもつ人であれば、子どもがいれば中等教育、高等教育まで進学しているケースもあります。ここからは、ミドル世代が安心して生活できる、移住先として推奨されるポイントを見ていきます。

安定した仕事の機会が豊富にある

ミドル世代は多くの場合、家庭を支え、子供の教育や老後の備えなど多岐にわたる経済的責任を負っています。安定した収入源を確保するため、仕事が充実していることが不可欠です。また、キャリアの中盤に差し掛かるこの時期には、過去の経験やスキルを活かし、更なるキャリアアップや自己実現を図りたいと考える人も多いです。豊富な仕事の機会がある地域は、これらのニーズに応えやすく、生活の安定と充実感を提供します。管理職や専門職の経験を活かせる仕事が多い地域は、ミドル世代にとって特に魅力的です。さらに、職場環境の選択肢が広がることで、より良い労働条件やワークライフバランスを追求することも可能でしょう。

子育て支援施設と教育環境が整っている

子育て支援施設の存在は、子育てをしている世帯にとって大きなポイント。例えば、保育園や幼稚園が充実している地域では、働く親御さんの負担が軽減され、仕事と育児の両立がしやすくなります。また、小学校や中学校などの教育施設が整っていれば、子どもたちの学びの場が安定し、教育の質にも直結するため、安心して子どもを育てることができるでしょう。さらに、図書館や科学館といった学外の教育施設が近くにある場合、学ぶ機会が豊富で、子どもたちの好奇心を育むことができます。移住先として子育て支援施設と教育環境が充実している都道府県を選ぶことで、子どもたちの未来が大いに広がるでしょう。

住宅政策が用意されている

住まいは、自身がリラックスして休息したり、家族の絆を深めたりする大切な場所。ミドル世代にとって、手頃な価格で質の高い住宅を手に入れることができるかは、大きな関心事となります。そのためには、自治体が提供する住宅政策に着目することは欠かせません。住宅ローンの低金利や補助金、税制優遇措置、土地の提供など、家庭の財政状況を助けてくれる住宅政策を展開している地域が、移住先として魅力的です。安定した住環境を提供することで、家族の安心した暮らしを支え、また地域の人々との新たなつながりを築いていく基盤となります。

シニア世代におすすめな移住先

現代のシニア世代は、活動的で新しい生活に挑戦する方も増えています。まずは、長い人生経験や豊富な知識を持つシニア世代の方々が重視すべきポイントを見ていきます。

医療制度や設備が充実している

移住を検討されるシニア世代にとって、医療制度や医療設備が整っているかどうかは極めて重要なポイントです。万が一の健康問題にすぐに対応してもらえる体制が整い、日々の健康管理がしやすい地域は、安心して暮らせる環境と言えます。たとえば、高齢者専門のクリニックやリハビリ施設、定期健診ができる施設、24時間体制の救急病院などが近くにある地域は、移住する際の大きな魅力となるでしょう。

公共交通機関が整っている

高齢になると自動車の運転も困難になってしまいますが、スムーズに移動できることは、日々の生活の質を大きく左右します。そのため、バスや電車などの公共交通機関が充実しており、日常のお買い物や病院へのアクセスが容易な地域は、シニア世代にとっておすすめの移住先と言えるでしょう。足腰が弱ってきたとしても、公共交通を活用することで、安全かつ快適に生活を営むことができます。

趣味を楽しめる環境がある

シニア世代は余暇の時間を有意義に使いたいと考える方が多いです。文化センターやアートギャラリー、またガーデニングや釣りなど、趣味に没頭できる環境が整っている地域は、移住後の生活に彩りをもたらしてくれます。たとえば、美術館や博物館、アウトドア施設、地域共同の趣味のクラブが充実している地域などは、自身の趣味を深めるのに適した移住先であると言えるでしょう。

 

まとめ:年代ごとのステージや自分のライフプランに合わせた移住計画を立てよう

本記事では、シニア世代・子育て世代・若者の世代別に、移住先の条件として重視すべきポイントをまとめました。移住を考えるとき、一番大切なことは、ご自身のキャリアやライフプランを考慮し、それに合致する地域を選ぶことです。また、移住する目的が仕事なのか、趣味を満喫するためなのか、それぞれの目的に応じた地域選びも重要となります。移住は人生の大きな一歩ですから、ご自身のニーズにあった移住計画を立てていくことが大切でしょう。

 

 

ホテル・旅館の転職・求人情報なら

宿ジョブ・
転職エージェント

policy
宿ジョブ・転職エージェントを運営する株式会社アルファスタッフは一般財団法人日本経済社会推進協会より
個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの認定を受けています。

JOB OFFER

求人を探す