【転職の進め方ガイド】宿泊業界未経験からホテル・旅館への転職を成功させる手順とコツ

ホテルや旅館への就職を検討している方の中には、「転職活動が初めてでどのように進めたらいいかわからない」と悩まれている人も少なくないのではないでしょうか。本記事では、宿泊業への転職が初めての方に向けて、ホテルや旅館への転職の進め方や成功させるためのポイントについてご紹介します。

宿泊業(ホテル・旅館)への転職の進め方

転職は新しいキャリアを築き上げていくための大きなステップになります。その期間は個々によって異なりますが、一般的に36ヶ月程度が目安とされています。転職活動の大まかな流れは下記です。 

  1. 情報収集
  2. 応募書類作成/エントリー
  3. 面接
  4. 内定

転職を考え始めたら、まず自己分析を行います。自身の強みや価値観を明確にし、どのような職場が自分に合っているかを把握することが最初の一歩です。次に、履歴書や職務経歴書を作成し、受けたい企業・職種に合わせた自己PRや志望動機を整理します。面接対策にも時間をかけ、宿泊業の市場動向や、志望する企業の強みやカルチャーを理解しておくと良いでしょう。

また、転職は精神的なストレスも伴うため、心にゆとりを持って活動を進められる時間を確保することもポイントです。未経験の業界であれば、その分野の知識を身に付けるための勉強時間も考慮に入れる必要があります。転職活動には想像以上に時間がかかりますが、焦らずじっくりと進めることが成功の秘訣であると言えるでしょう。

 

 1. 情報収集:宿泊業の動向を理解し、求人情報を収集する

転職活動で最初にやるべきことは、志望する業界の動向や求人などに関する「情報収集」です。

求人トレンドは、経済状況や社会のニーズによって変動します。特に、宿泊業においては、インバウンド(訪日外国人旅行者)の増加を背景に、ホテルや旅館の求人が増えています。新しいサービスが生まれ、多種多様な求人を設けている企業も少なくありません。まずは業界動向をしっかりと把握し、自分の強みや経験を活かせるポジションを見つけることが、転職活動を成功に近づける近道と言えるでしょう。

また、宿泊業界には、ホテルや旅館、民泊などの実にさまざまな形態があり、その中で求められるスキルや経験は異なります。まず求人情報から企業のビジョンや働くイメージをつかみ、業務内容を確認しましょう。また、福利厚生や勤務地、労働環境などの条件も自分のライフスタイルと照らし合わせて検討する必要があります。給与や休日数もチェックし、納得のいく転職ができるよう情報の比較を行うことが肝心です。

 

2. 応募書類作成/エントリー:履歴書と職務経歴書の書き方のポイント

履歴書と職務経歴書は、転職活動において重要な書類です。特に未経験者の場合、これらの書類が第一印象を左右するためです。ここでは、採用担当者の目に留めてもらえるような、履歴書や職務経歴書の効果的な書き方をご紹介します。

履歴書を作成するポイント

まず、履歴書では、採用担当者に好印象を持ってもらうために、整ったフォーマットや一般的なマナーを守って記載を進めましょう。特に、未経験の場合は、志望動機や自己PRをより明確に記載することが重要です。ここでのポイントは、これまでの経験や培ったスキルが、宿泊業でどのように貢献できるかをイメージしやすくすること。そのためにも、自己分析を行い、自身の強みや適性を理解した上で、それをいかに履歴書で表現できるかが鍵となります。例えば、接客経験があればそのスキルを強調し、未経験ながらも宿泊業界で活かせる内容に結びつけて書くことで、採用担当者の目に留まりやすくなるでしょう。履歴書では、基本的な項目を丁寧に記入することはもちろん、自己PRには個性が出るように工夫することが大切です。

 職務経歴書を作成するポイント

職務経歴書では、ホテル・旅館で求められるような接客業での経験やスキルを前面に押し出しましょう。例えば、商品やサービスを直接提供した経験や、お客様のクレームに対応した経験、複数のメンバーとのチームワークを発揮しながら業務を進めた経験などは、特に価値があると見なされます。具体的な業務での成功体験や達成した成果を、数字や具体的な結果とともに記述することで、より説得力を持った職務経歴書を作成することができます。職務経歴書においても、単に経験を羅列するだけではなく、「自身の経験やスキルを宿泊業でどのように活かせるか」を意識してアピールすることが肝心です。

 

3. 面接:自己PRや志望動機で心掛けるポイント

面接は、応募書類に記載した内容をベースに、採用担当者に自身の強みや志望動機をアピールする機会になります。ここでは、面接に臨む上でのポイントをご紹介します。

 宿泊業で求められるスキル・性格をアピールする

ホテル・旅館では、お客様と直接関わる機会が多いため、特にコミュニケーション力が求められます。常にお客様を最優先に考えるホスピタリティ精神や、トラブルに臨機応変に対応する力なども評価されやすいです。また、チームで仕事を進めることが多いため、協調性や責任感も重要なポイント。これらのスキルや性格を持っていることを面接で語れると、採用担当者から好印象を持ってもらいやすいでしょう。

 エピソードを交える

自己PRは面接において非常に重要です。面接では、これまでの経験をどう活かせるかを具体的な事例を交えて説明することが求められます。自分が過去に直面した課題や、それをどのように解決したか、その結果として何を学んだかを具体的に示すことで、面接官に自身の適性を伝えることができます。例えば、接客業を経験された方であれば、「お客様の困り事をどのように解決したか」について、状況・行動・結果に分けて整理することで、伝わりやすいエピソードに仕上げることができるでしょう。

 志望する気持ちの強さを見せる

面接では、採用担当者に自社で長期的に働き活躍するイメージを持ってもらうことも大切です。志望動機では、応募先の企業にどのような魅力を感じたのか、なぜそこで働きたいと思うのかなど、面接官に意欲や熱意を伝えるためのストーリーを考えておくと良いでしょう。応募する企業の理念やその企業ならではの強みや特徴を見つけ、自分が共感したポイントを整理すると、より説得力のある志望理由を作ることができます。最終的にはあなたの熱意と覚悟が採用担当者の心を動かしますので、企業ごとに自分の志望動機を用意しておきましょう。

 

4. 内定後:退職届・入社手続きを円滑に進める

転職が成功し内定を手にしたら、今の職場への退職届の提出や、新しい職場の入社手続きの準備を進める必要があります。

退職の手続き

まず、退職届はなるべく早く、かつ面談をしながら直接上司に提出するのが望ましいでしょう。多くの場合、業務の引継ぎを求められることもあるので、その準備も忘れずにしましょう。さらに、退職に伴う手当や保険の手続き、有給の消化等を確認し、しっかりと理解しておくことも大切です。円満退職は、今後のキャリアにも影響を及ぼすので、最終日まで責任をもって業務を遂行することを忘れてはいけません。

 入社の手続き

退職の手続きと平行して、入社手続きもスムーズに進めましょう。履歴書や健康診断書、取得している資格証明書などは入社前に提出が必要となることが多いです。また、交通機関のチェックや服装規定など、日常生活に影響する情報も早めに把握しておくことが不安要素を減らすことにつながります。新たな環境に適応するためには、事前に入念な準備が心掛けましょう。

まとめ:転職期間は36ヶ月。自己分析を行い、計画的に転職準備を進めましょう!

本記事では、未経験者の方に向けて、宿泊業への転職を成功させるために必要な手順やスケジュールをまとめました。転職活動は、単に新しい職場を探すだけでなく、自己のキャリアや生活を充実させるための大切なステップです。自己分析や業界に関する情報収集を行なった上、自分に適した求人を探し、面接まで進めていきましょう。

転職活動は、概ね36ヶ月程かかりますので、焦らず計画的に動くことが、成功への近道になります。自己分析をしっかり行い、自分に合った転職を進められると良いですね! 

ホテル・旅館の転職・求人情報なら

宿ジョブ・
転職エージェント

policy
宿ジョブ・転職エージェントを運営する株式会社アルファスタッフは一般財団法人日本経済社会推進協会より
個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの認定を受けています。

JOB OFFER

求人を探す