未経験者でもホテル・旅館に転職できる?応募しやすい職種や知っておくべきメリデメとは

お客様に最高のおもてなしを提供する職業として人気な宿泊業。未経験の方でも、そんな華やかなホテル・旅館で働いてみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。本記事では、未経験者の方が宿泊業界を目指す上で必要となる知識や募集の多い職種など、転職を成功に導くために知っておくべきポイントをご紹介します。

フロントの女性 

宿泊業には未経験の方でも活躍できるフィールドが用意されている?

未経験から宿泊業界に転職することを考える際、多くの人がご自身の経験の有無を心配するかもしれません。しかし、宿泊業界は多様なバックグラウンドを持つ人材を積極的に採用する傾向があります。お客様に提供するサービスの質が、従業員の多様性に直結しているからです。

特に、宿泊業の経験はなくとも、アパレル店員や化粧品の販売スタッフ、旅行会社のカウンターなど、お客様と直接関わる接客業をしていた方の引く手は数多です。例えば、ホテルのフロントスタッフやレストランホールスタッフなど、宿泊業の顔とも言えるポジションでも募集しているケースは少なくありません。お客様と直接関わる機会が多いため、接客スキルやホスピタリティが求められますが、入門レベルのポジションであれば、経験よりも意欲や人柄を重視する傾向にあります。宿泊業界には、未経験者でも活躍できるチャンスが広がっているのです。

 

宿泊業未経験者でも応募しやすい職種

宿泊業界では、未経験者でも挑戦しやすい職種が多く存在します。ここでは、応募しやすい職種やその業務内容についてご紹介します。

①フロントスタッフ

フロントスタッフ

フロントスタッフは、ホテルや旅館での宿泊客のチェックイン・アウトの手続き、案内、相談対応など多岐にわたる業務を担当します。宿泊業未経験の方は、最初は業務の幅広さに不安を感じるかもしれませんが、実際には研修や先輩スタッフの指導のもと、徐々に業務に慣れていくことができます。コミュニケーション力が重視される職種であり、人と接することが好きな方には特に向いていると言えるでしょう。さらに、語学力を活かして働きたいという意欲がある方も歓迎されるポジションで、経験を積む中でキャリアアップが見込めるでしょう。

レストランホールスタッフ

レストランホールスタッフ

レストランホールスタッフは、飲食の提供だけではなく、お客様の迎え入れや、時にはメニューの説明なども行います。未経験者でも、ホテルや旅館のコンセプトに合わせて接客方法を学ぶことができ、さらにはチームワークを高めていくことでスムーズな業務の遂行が可能になります。宴会場のセットアップや特別なイベントの際の対応も覚えることで、多様な場面での対応力も身に付いていくでしょう。

③仲居

仲居さんは、客室係としてお客様の身の回りのお世話を行います。日本の伝統的な宿泊施設である旅館において重要な役割を担い、下記のような業務があります。

・お客様のお出迎えとお見送り
・客室の案内と管理
・お客様のご要望に対する対応

仲居さんはお客様と接する機会が多く、お客様が楽しんでいる様子を直接見ることができるため、大きな達成感を感じることができます。接客スキルだけでなく、多言語能力や文化的知識など、個人の成長につながる多くのスキルも身につけられるため、宿泊業未経験者にとってもオススメの職種と言えるでしょう。

調理補助

調理スタッフ補助

調理スタッフは、ホテルや旅館の厨房で食事の準備から調理、盛り付けまでを行う重要な職種です。未経験の方は、最初は調理スタッフの補助として業務に入り、基本的な調理技術や衛生管理、メニュー開発などを学ぶことで、徐々にスキルアップしていくことができます。調理の勉強をしたい方や、シェフにキャリアアップしたい方にとって、適した職種であると言えるでしょう。

⑤裏方全般

裏方スタッフ 

宿泊業未経験者が応募しやすい職種として、裏方の仕事もあります。具体的な仕事内容には以下のようなものがあります。

・客室清掃:客室の清掃、リネンの交換、アメニティの補充などを行い、宿泊客が快適に過ごせるようにします。
・施設管理・メンテナンス:設備や建物の保守管理を行い、常に最適な状態を保つことが求められます。
・フロントオフィスのサポート: チェックインやチェックアウトの業務サポート、電話対応、予約管理など、フロントデスクの補助業務も裏方スタッフの役割となることがあります

裏方の仕事は、宿泊施設の日々の運営を支える仕事を学ぶことができるため、未経験者にとっても始めやすいポジションです。

 

未経験者で宿泊業界に転職するメリット・デメリット

未経験者が宿泊業界に転職を考える際には、メリットとデメリットの両面をしっかりと理解することが大切です。それぞれのポイントを把握して、あなたにとって最適な職場選びをしましょう。

未経験者で宿泊業界に転職するメリット

  • ハイレベルなコミュニケーション力を身に付けることができる

人と接する機会が多いため、コミュニケーション力を高めたいと考えている方にとっては最適な職種が多いです。ホテルや旅館での勤務は、様々なお客様と触れ合い交流を深めるなかで、サービス業としてのスキルを磨く絶好のチャンスとなります。

  • 多様なキャリアパスがあり様々な経験を詰むことができる

ホテルや旅館では、フロントスタッフから調理スタッフ、ハウスキーピングなどさまざまな職種があり、自分の興味や能力に合った職種で働くことができます。接客を中心とする職種から、営業、マーケティング、施設管理など経営を支える裏方の仕事まで幅広い職種があるため、自分自身の想いに沿ってキャリアパスを選ぶことが可能です。

  • 国際的な環境で異文化理解を深めることができる

宿泊施設では幅広い言語や文化に触れる機会が多いです。英語をはじめとする多言語でのコミュニケーション力も身に付けられれば、将来的なキャリアアップにもつながるでしょう。

    • 福利厚生が豊富な上、生活コストを抑えられる

    宿泊業界の平均年収は、国内の他業種と比較して低い水準と言われています。しかし、就職先のホテル・旅館によっては、施設内のレストランでのまかないや社員食堂で食事ができるケースがあります。また、リゾート地や離島など、都市部から離れた立地のホテル・旅館では、社員寮や社宅が付いていたり、住宅手当が支給されることも多く、従業員は自己負担を減らしつつ安定した住まい環境を得ることができます。
    これらの福利厚生を活用することにより、都市部よりも生活コストを抑え、豊かな暮らしを送ることもできるでしょう。

    •  自分のライフスタイルに合わせた働き方ができる

    シフト制での勤務が多いため、時間管理を柔軟に行うことが可能で、プライベートとのバランスを取りやすいのも魅力的なポイントです。

    未経験者で宿泊業界に転職するデメリット

    • 繁忙期は長時間労働になりやすい

    宿泊業界は、シーズンやイベントにより繁忙期と閑散期の差が激しく、繁忙期には長時間労働になることが予想されます。時には夜間勤務が必要となることがあるため、体力やスタミナはもちろん、自分自身で健康を管理する力も重要となるでしょう。

    • ストレス耐性が必要とされる

    ホテル・旅館では、お客様からの厳しいクレーム対応に迫られる場面も少なくありません。そのため、ストレス耐性が必要とされ、メンタルケアが欠かせない職業でもあります。物事をポジティブに捉えられるよう自己暗示したり、瞑想やヨガなどのリラクゼーション技術を学んだりすることで、ストレス耐性を身につけることができるでしょう。

    • ルーチンワークが多い

    一部の職種ではルーチンワークが多く、長く勤めていると仕事に新鮮さや刺激を感じにくくなってしまう場合があります。しかし、ホテル・旅館には様々な業務があり、日々色々な職種の方が連携して施設を運営しているため、キャリアを重ねる中でご自身の興味がある職種にもチャレンジする機会を創ることもできるでしょう。

    まとめ:宿泊業には未経験でもチャレンジできるポジションが豊富!知識を身に付け転職活動に臨みましょう

    本記事では、未経験者が宿泊業を目指す上で知っておくべき知識や職種、メリデメについて整理しました。宿泊業には、経験がなくても始めることができる職種が数多く存在しています。人をもてなすサービス精神とチームワークを大切にする姿勢が何よりも求められるため、未経験でも前向きに学ぶ姿勢と、お客様に喜んでいただくための熱意を持っていれば、きっと成長し、やがてはキャリアアップすることも期待できます。未経験でも、旅館・ホテルで働きたいと考えている方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

    ホテル・旅館の転職・求人情報なら

    宿ジョブ・
    転職エージェント

    policy
    宿ジョブ・転職エージェントを運営する株式会社アルファスタッフは一般財団法人日本経済社会推進協会より
    個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの認定を受けています。

    JOB OFFER

    求人を探す