Uターン・Iターン・Jターンとは?それぞれの違いと、地方移住を成功させるためのポイント

地方移住は、最近注目されているライフスタイルです。特に、「Uターン/Iターン/Jターン」という言葉を耳にする機会が増えていますが、それぞれの移住パターンに独自の特徴があります。本記事では、Uターン/Iターン/Jターンの概要や違いと、地方への就職・転職で後悔しないためのポイントを探っていきます。

  

Uターンとは:主要都市から故郷へ移住するパターン

Uターンの概要

Uターンとは、出身地や以前住んでいた地域に戻る形で移住することを指します。地方出身の人が主要都市圏での進学や就職を経て故郷へ帰還するケースが典型的です。この動きは、単に帰郷だけでなく、地方創生の観点からも重要な意義を持っています。地方には過疎化や若者の流出などの課題があるため、Uターンを含む移住政策は地域の活性化や人口流入を図るための戦略として注目されており、多くの自治体が、Uターン希望者に対して様々な支援を用意しています。

 Uターンのメリットと動機

Uターンには、生まれ育った地域へのネットワークの再構築や、固有の文化や風習を子どもたちに継承していくといった深い満足感を得られるメリットがあります。また、住宅費や生活費が都市部に比べて安いことで経済的な負担が軽減されることも大きな魅力です。さらに、地元であれば、地域特有の産業や文化に仕事を通して関わることができ、それが自己実現の一環となることも少なくありません。

Uターンは、出身地への郷愁や地方創生の意志、家族との繋がりを重視する方が多いです。帰郷することで地域社会に貢献し、自身の生活を豊かにしようと考える人々に適していると言えるでしょう。

Iターンとは:主要都市から地方へ移住するパターン

Iターンの概要

Iターンは、都市部からまったく新しい地方に移住すること指します。生まれ育った故郷から進学や就職を機に、ライフスタイルの変化や新しい環境での生活を求めて地方へと足を運ぶケースが多いです。

Iターン移住者も、地域の需要に応えることで地方創生に貢献する意志を持つ人が多いため、地方自治体は受け入れ体制を強化しています。

Iターンのメリットと動機

Iターンは、Uターンと同様に経済的なコストを抑えられたり、豊かな自然に囲まれた環境で生活できるなどのメリットがあります。しかし、Uターンと大きく異なる点は、自身のルーツがない場所へ移住するということ。よって、新たなキャリアを求める人や、都会の喧騒から離れて穏やかなライフスタイルを目指す人が心惹かれる傾向が強いです。

完全に新しい土地での生活をスタートさせるため、コミュニティ作りや仕事の確保などの課題には直面しますが、それを乗り越えられれば、豊かな自然環境や地域の文化を満喫するとともに、都会にはないゆったりとした時間を過ごしながら生活の質を高めることができるでしょう。

 

Jターンとは:故郷から主要都市を経由し、さらに地方都市へ移住するパターン

Jターンの概要

Jターンは、生まれ育った故郷から離れて都会での生活を経験した人が、出身地ではなく、故郷に近い地方都市などへ移住することを指します。UターンやIターンと並ぶ移住形態の一つで、最近では、地方創生やリモートワークの普及により、注目されている移住スタイルです。都市部でのキャリアアップや生活環境の変化を求める人にとって、新たな選択肢となっています。

Jターンのメリットと動機

Jターンも生活コストを軽減できたり、ワークライフバランスを充実させられ子育てもしやすいなどのメリットがあります。故郷に近い都市へ移住するケースが多いため、地元のコミュニティとのつながりを維持しやすい上、自身が望むキャリアの実現や都市部の利便性も享受できるなど、UターンとIターンの両方の良いところを得られる移住スタイルと言えます。

また、Jターンは、出身地以外の地方でキャリアを築こうという野心や、地元にはない新しいスキルを身につけたいという欲求から選択されることもあります。特定の地方でしかできないビジネスに携わりたい方や、積極的に新しいコミュニティを築き上げていきたいと考えている方に向いているでしょう。

Uターン/Iターン/Jターンで後悔しないためのポイント

Uターン/Iターン/Jターンでの就職や転職を通じて、新しい人生への一歩を踏み出す上では、事前に入念な準備や計画的なアクションをすることが重要です。ここからは、移住生活を成功に導くためのポイントをご紹介します。

就職・転職の目的を明確化する

まず考えるべきは、移住に伴う就職・転職の目的の明確化です。仕事や家族、または個人的な価値観の変化によって移住を決意する人は多いですが、漠然とした理由だけでは、移住後の生活に対する不満や困難に直面する可能性が高まります。そこで、地方創生、キャリアチェンジ、生活環境の向上など、自身の目的を明確にし、それを達成するための計画を念入りに立てることが大切です。目的がしっかりしていれば、困難にも対応できるような準備を整えることもできるでしょう。

生活環境の違いに適応できるよう、情報収集を徹底する

移住を成功させるためには、生活環境の違いをしっかり認識し、その地域に適応できるかを事前に確認しておくことが不可欠です。地域によっては、交通機関が発達していなかったり、医療施設が少なかったりすることもあります。そうした情報を事前に収集しておくことにより、生活に大きなギャップを感じることなく、新しい環境へスムーズに適応できるでしょう。

移住前に仕事を探し、決定しておく

新たな地域での就職・転職を考える際は、移住前に仕事を決定しておくことも重要です。求職活動は、自分が住んでいる地域ではなく移住先で行うのが望ましいので、現地の求人情報をチェックし、職種や条件にマッチする企業があるかを把握しておきましょう。また、可能であれば実際に面接などを通じて、前もって就職先を確保しておくことで、移住後の経済的な不安を減らすことが可能になります。仕事を見つけておけば、生活の基盤もしっかり築くことができるでしょう。

 

まとめ:Uターン/Iターン/Jターンを成功させるカギは、「情報収集」と「目的の明確化」にアリ

本記事では、Jターン/Uターン/Iターンの概要と、移住で後悔しないためのポイントについてまとめました。移住形式にはそれぞれ特性が異なるため、自身の事情や目的に応じて最適な選択をする必要がありますが、どの形式を選ぶにせよ、事前に情報収集と目的の明確化をしておくことが重要です。慣れ親しんだ場所を離れ、新たな環境で生活をスタートさせることは、勇気と覚悟が要求される大きな挑戦です。自身が抱く夢や希望を現実のものとするためにも、入念な準備を行い、地方移住の新しい道を切り拓いていきましょう。

ホテル・旅館の転職・求人情報なら

宿ジョブ・
転職エージェント

policy
宿ジョブ・転職エージェントを運営する株式会社アルファスタッフは一般財団法人日本経済社会推進協会より
個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの認定を受けています。

JOB OFFER

求人を探す